b わたしの英会話 - 病院勤務の医師・看護師のための短期英会話レッスン

b わたしの英会話 - 病院勤務の医師・看護師のための短期英会話レッスン

bforhospital

b is for Hospitalは、女性限定・初心者特化のマンツーマン英会話スクールb わたしの英会話の長年にわたる医療業界向け英会話レッスンを通じて蓄積されたノウハウをもとに開発された短期コースです。特に、コース開発に当たりましては、実際にbでレッスンを受講されていらっしゃいます看護師や医師のお客様からのリクエストからサービスの開発を開始いたしました。

 

現在、bに通っていらっしゃいますお客様の1割以上が医療業界に携わるお客様です。1割という数字はほかの英会話スクールと比べると高いと思いますが、その理由は特に看護師のお客様は横の繋がりが強いため、とても口コミが多いためだと思います。また、看護師のお客様に限らず、医師の方、また、製薬会社などで勤務されていらっしゃる方も含めると更に多くの方が通われていらっしゃいます。

 

また、もう一つの特徴としてこうして実際にbでレッスンを受講されるお客様の平均的な会話力は3/12。丁度、私達のスクールの初心者向けの日常英会話教材のPhotoJournalシリーズの開始レベルとなります。

 

もちろん、全ての方が初心者というわけではありません。
中には、大学院などで医療関係の研究職につかれていらっしゃって、学会などに参加する際に英会話力が必要な方。
また、研究員の方でbに来校前に既に留学経験がある方もいらっしゃいます。こうした方は逆に、私どものビジネス英会話レッスン(b is for Business English)や中上級向けのコースをお勧めしています。

 

しかしながら、多くの方はやはり病院で実際に勤務されていらっしゃいます医師の方や看護師の方で今まで、特に英語を使う必要がなかった方々です。
私達は、こうしたお客様方が病院内の勤務に際して必要となる英会話フレーズを10回という短期でカバーするコースとして、「b is for Hospital」を開発しました。

 

b わたしの英会話について

b is for Hospitalのコースを通じてbのことをこのページから存じ上げた方も多いと思います。
そのような方に、まず、bという英会話スクールを知っていただきその中から本b is for Hospitalのコースが自分に合うか、それとも、通常のマンツーマン英会話レッスンが自分に合うのかをご判断いただければと思います。

 

私達「b わたしの英会話」は、働く20代から40代の女性の方々の英会話力アップのお手伝いをさせていただくために2006年に誕生したスクールです。また、お客様を女性の方だけに限定するだけではなく、中でも初心者の方に私達のサポートを特化させ、かつ、レッスンの提供をマンツーマンスタイルにすることで、ご上達までのスピードを最短化させることを目指しております。

 

女性限定マンツーマン英会話スクールb
女性のための英会話教室 – b わたしの英会話のホームページはこちら

 

私達のお客様の多くは、20代から40代の都内で働く女性の方たちです。もちろん、お住まいは東京、神奈川、千葉、埼玉といったところで、都内へアクセスが便利な場所の方が多いですが、中には、山梨、茨城、もしくは栃木や静岡から通っていただけるツワモノのお客様もいらっしゃいます。

 

通常、英会話の上達を目指すには最低でも1年程度は通う習慣を持っていただく必要がありますが、

 

・ 今は仕事が忙しい!
・ 英会話も全般的に上手になりたいけどそれより今の仕事で困っていることだけ学びたい!
・ 長期的なコースを始める前にまずは試してみたい!

 

このようなニーズが中にはあり、こうしたお客様方に向けたレッスンの開発を、10回の短期間でまずは目先困っていることを解決することを目的として行うと同時に、まずは、bの雰囲気を見ていただきたい医療業界のお客様向けに開発することとなりました。

 

意識しないと実感することがなかなかありませんが、普段の日本語での会話でも女性と男性では会話の内容ってかなり異なりますよね。マンツーマンスタイルのレッスンでは、自分の必要な事に直結したレッスンを行うことが上達の最短コースです。

 

無駄を省き、自分に必要となるトピック、自分が楽しく話せるトピックに特化しレッスンを試せるのがb is forHospitalの特徴なのです。

 

Lessonの受講の特徴はどのようになりますか?

Hospital_textbook_pink

通常、私達が提供しているマンツーマン英会話レッスンでは、目的までの最短コースということを意識したお客様向けのMy Lesson Planとゆっくりと時間やレッスン・パートナー(ネイティブ講師)の選択の自由度はないものの、おけいこ感覚で通えるTeaTime Planの2つがあります。本b is for Hospitalのコースは短期トライアルコースであることも踏まえて、このMy Lesson Planの利便性を体感して受講いただけるコースです。

一番人気のMy Lesson Plan = 「マイ・レッスンプラン」の特徴としましては、

【レッスン・レコードが使える!】
単に教材を使うだけではなくあなたの病棟などのシーンを反映したレッスンを行いその履歴を毎レッスン後渡します
【ELFシステム】
レッスン・パートナーがお客様ごとに異なるシチュエーションを理解しレッスン前にカスタマイズのための予習を行うシステム

【Lesson Anywhere】
銀座、新宿、渋谷3拠点でのレッスン受講が可能に!

【b System】
インターネット経由で1ヶ月先まであなたのスケジュールに合わせて自由に予約が出来ちゃう!

 

My Lesson Planイメージ

このように、通常のMy Lesson Planとほぼ同レベルで、目的に直結したレッスンにカスタマイズしてその履歴をもらえるレッスン・レコードシステムや、予約面の利便性向上を行えるbシステム、また、Lesson Anywhereなどによりあなたが目指す会話力に速やかに達せるようインフラ環境の提供の整備をしていますが、b is for Hospitalでは、こうしたシステムを10回のトライアルコースの中でも使うことが出来ます。

10回のレッスンで上達は本当に可能か?

b is for Hospitalは10回のレッスンです。また、始めるときのお客様の会話力もほとんどの方々が初心者ですので10回で問題が解決してしまえることはありません(もし出来たとしたら、私達の仕事もなくなってしまいます(笑))。

 

ただ、10回のレッスンがあれば今現在、あなたが病院で勤務するときに困っているシチュエーションのいくつかについては、どのように反応したら外国人の患者さんを困らせないかはわかることが出来ます。

 

10回のレッスンの中で行う事としては、

 

・ 病棟内の案内方法
・ 症状の伺い方
・ 過去の病歴の聞き方
・ 手術前の案内

 

などなど。

 

中には既にかなりのレベルで病院内で英語を使われている方もいらっしゃいますが、多くの方は上記に書かれているようなシチュエーションで使われるパターンをいくつかマスターするだけでもかなり大きな変化を感じていただくことが出来るでしょう。b is for Hospitalは10回という限られたレッスンの中で、あなたがまずは右も左もつかなかった状況から脱することを目的としたコースです。

 

逆に、より高度な医療現場の会話を学びたい方、また、「自分は医療業界で働いているけど仕事だけではなく普通に英会話が出来るようになりたい!」という方には、通常のマンツーマンレッスンやビジネス英会話コースの受講もしくは本Hospitalコースとの併用をご検討くださいね。

 

<通常マンツーマン/b わたしの英会話>
b わたしの英会話ホームページはコチラ
体験レッスンのお申し込みはコチラ

 

料金等について

英会話料金等

10回のレッスンは受講料と教材費に分かれます。
受講料が一回7000円で10レッスンで76,370円。教材費が10,000円となります。
(いずれも税抜価格)

 

私達は本コースの開発に際して、通常のマンツーマンレッスンより少し高めの単価で本コースを設定しました。
と申しますのも、短期10回のコースではありますが、教材開発に当たりましてはレッスン・パートナーもかなりの時間をかけてきたこと。また、何よりも今までのお客様達に多くの助けを頂きながら開発したコースであることから通常コースよりは少々単価は高くなります。その分、10ヶ月、15ヶ月頑張って受講した場合にかかる受講料の総額を思うと10回という短期コースですので金額としてのトータルはお安めになります。

 

また、受講の際には通常のマンツーマレッスンのマイ・レッスン・プランと同様にレッスン・パートナーが作成するLesson Record(レッスン10回分)が、毎レッスン後に無料でお渡しいたします。実際に勤務先で使える表現を沢山レッスン・レコードにタイプしてもらえれば、これが教材に加えてあなた自身にとってのご職場でのあんちょこにもなりますね。

 

本プログラムを提供するb わたしの英会話はお客様を女性のみに特化したマンツーマンの英会話スクールです。銀座・新宿・渋谷・横浜・自由が丘・二子玉川・吉祥寺・東京日本橋にスクールがあります。

 

b is for Hospitalの体験レッスンのお申し込みはこちらから
Banner_L_hospital